• HOME
  • Learn
  • 日本レスキュー協会・そもそも災害救助犬やセラピードッグって?

日本レスキュー協会・そもそも災害救助犬やセラピードッグって?

今回取材させていただいたのは、
【認定NPO法人 日本レスキュー協会】様。

日本レスキュー協会とは、、、、
・災害救助犬(レスキュードッグ)の育成・派遣
・セラピードッグの育成・派遣
・捨て犬・捨て猫の保護など動物福祉・愛護活動 を行なっている団体。
企業の協賛や寄付で運営資金をまかなっているようです。

そもそも、、、、
災害救助犬(レスキュードッグ)とは、
地震や台風、土砂崩れなど災害で行方不明になっている人を
優れた嗅覚で捜索するために特別に訓練された犬たちのこと。

1995年の阪神・淡路大震災で海外から派遣された災害救助犬。
しかし、成果を出すことができず誤認反応を繰り返す結果に終わってしまいました。
その原因は[人間]=[おいしいもの](食物)という図式で育成するため、
災害現場での救助で人間以外の現場に散乱している食物にも反応しまったから。

そこで、独自の訓練法として
早い段階でおもちゃを好きにさせて
活動のモチベーションにさせるという方法をしている場合もあるそう!!
とは、いわれているものの、
最近わかってきたのは災害救助犬自身に食べ物に対しての情報を整理させることによって
食べ物を使って訓練しても大丈夫であるということ。

次に、セラピードッグとは、、、
触れ合いや交流を通じて病気やケガまたは
精神的な痛手を受けた人の不安を減らし、
気力を高め心と体を癒す働きをする高度な訓練を受けた犬たちのこと。

そして、世界で初めてドッグセラピーの効果の検証を行っているのが、
日本レスキュー協会のセラピードッグたち。
大きなサイズのラブラドールたちから小さなチワワやトイプードルまで
たくさんのワンちゃんが在籍しており、
現場からの声によって対応しているそうです。

また、日本レスキュー協会では大阪母子医療センターのお声がけから
長期入院をしている子供たちに向けてセラピードッグの導入が行われています。
やはり資金的な問題やセラピードッグへの理解や感染症対策など
導入に向けては理解をしてもらえるようにたくさん活動をおこなったそうです。
その結果、イベントのみの訪問から
現在では週に1回病院に訪問することが可能になりました!!
将来的には、毎日セラピードッグのいる病院を目指すというお話には説得力がありました!!

OTHER ARTICLES

TAG

TOPICS

Rain The Press

災害時や、雨の日、普段でも履着こなせる防災ブーツや、レインブーツのご紹介。

SNS

防災に関する情報をSNSでも発信しています。