• HOME
  • Learn
  • もしもに備えて日頃から意識をするために、、、

もしもに備えて日頃から意識をするために、、、

兵庫県は25年前に阪神・淡路大震災を経験。
その経験や教訓から大切な命を守るための防災に対する取り組みがたくさん。

昨年リリースされたスマートフォンアプリ“ひょうご防災ネット”
以前まではメール版だったものをアプリ化。
必要な情報を常にポップアップしてくれます○

このアプリは兵庫県や兵庫県内の市・町からの避難に関する情報などの緊急情報や
地震、津波、気象警報などの防災に関する情報を提供するサービス。

もちろん、機能性も充実〜!!
ということで、今回は主な機能をご紹介!!

①いざという時に備えて「マイ避難カード」を作成できる。
→いざという時にパニックになるのではなく落ち着いて速やかに行動を取れるように
学びながら自分で考えた避難行動を取れるようカードで対策情報を整理。

②避難に関する情報や気象情報をプッシュ通知が可能◎
→いち早く情報をキャッチできるからこそ安心できるポイントに、、、

③避難場所を地図で検索できる!

④3カ所の市・町の登録が可能。
→自分の住んでいる場所や職場、大切なご家族がおられる場所も登録が可能。
また、現在地の許可をしておけばその時にいる場所の情報も受信できる〜!

⑤防災情報のリンク集を搭載!

⑥外国語の対応および音声読み上げ機能も!
→すべての方々に使っていただける機能付き。

こうした県の取り組みはもっと広がっていくべき。
自分自身の命を守るための対策はすべてとっておくことでいざという時に活きるもの。
今からでも間に合います!!
何か一つでも行動を起こしましょう!!

 

 

OTHER ARTICLES

TAG

TOPICS

Rain The Press

災害時や、雨の日、普段でも履着こなせる防災ブーツや、レインブーツのご紹介。

SNS

防災に関する情報をSNSでも発信しています。