• HOME
  • Learn
  • 神戸市ではドローンを使った外出自粛を要請!ドローンの活用は災害時でも!

神戸市ではドローンを使った外出自粛を要請!ドローンの活用は災害時でも!

先月、1月30日14時〜、16時〜の各20分間、
ドローンによる三宮の繁華街への外出自粛要請の呼びかけが行われるということで
現場にお邪魔して取材させていただきました。

神戸市によるスピーカードローンを活用した緊急事態自体宣言による外出自粛要請の呼びかけ

1月20日にも行われ、
スピーカードローンを活用した三宮の繁華街上空からの呼びかけに
引き続き今回は2回目の実施だそうです。
神戸市では緊急事態宣言新型コロナウイルス感染拡大防止対策として、
市民のみなさんへの外出自粛要請などの呼びかけをさまざまな広報媒体を通して実施されているそうです◎

スピーカードローンの外出自粛の要請を生田神社にて実施

今回使用されたのは今まで見たことのない大きさのドローン!!
直径が約1.5メートルほどだそうで重さは本体約9.6キログラム。
このドローンに防災用のスピーカーを取り付けたものです!

生田神社にて災害時にも使えるスピーカードローンの実験実証を行いました

繁華街でドローンを飛ばすことは危険などの観点から厳しいですが、
今回は生田神社の生田神社会館屋上を離陸場所としてお借りできたことから
生田神社付近、三宮の繁華街へ向けての発信が実現したそうです◎

生田神社会館の屋上から100メートルの高さまで
ドローンが青空へ向けて飛んで行きました。
100メートルというのはマンションで約30階の高さです。
100メートルとなると、とても小さく肉眼で見るのもなかなか大変なほどでした・・

「神戸市からのお願いです。兵庫県には緊急事態宣言が出されています。
神戸市内では感染者が急増しており、医療体制は限界に達しています。
このままでは、助かる命が助かりません。
市民のみなさま、そして大切な方の命、健康を守るための行動をお願いします。
人手の多い場所への外出は避けてください。大人数での飲食はやめてください。
市民のみなさまのご理解、ご協力をお願いします。」

この文言のアナウンスが放送されました。

災害時に使えるスピーカードローンをインフルエンサーが取材

ノーマルな発信ではなく、一人でも多くの市民の皆さんへ
言葉を届けるために印象に残るような発信をされたそうです◎

また、神戸市ではドローンの会社3社と災害時の協定を結んでいるそうで
災害時の崖崩れなどの情報収集や情報発信に今後役立てていくそうです!
ドローンの使用で災害時の情報伝達なども
これまで以上に円滑に進んでいくのではないでしょうか。
災害時のドローンの活躍にも期待が高まりました!!

 

OTHER ARTICLES

TAG

TOPICS

Rain The Press

災害時や、雨の日、普段でも履着こなせる防災ブーツや、レインブーツのご紹介。

SNS

防災に関する情報をSNSでも発信しています。