帰宅困難者訓練

2022年1月20日に行われた「帰宅困難者実働訓練」に参加させて頂きました。

この訓練は2021年11月18日に行われた

図上訓練の実働型訓練で,みなとのもり公園で行われました。

 

「帰宅困難者」とは,

勤務先や外出時に地震等の自然災害に遭遇し,

自宅への帰宅が困難になってしまった人のことを指します。

 

今回の訓練では,

三ノ宮駅前で帰宅困難者になってしまった場合の

対応や案内を実際に体験させて頂きました。

 

まず行き先を見つける事のできる人はすぐに移動を開始し,

行き場が無かったり,

行政の支援が必要な人はみなとのもり公園に集合する,という流れでした。

 

帰宅困難者になってしまった場合,

各事業者様から提供される「一時滞在施設」に移動することが出来ます。

子ども連れ専用施設を希望される方や身体的不自由のため支援が必要な方など,

属性に応じた一時滞在施設に振り分けられます。

今回私達は属性が「なし」だった為,最後の移動でした。

中には女性専用施設などもあり,様々な属性に応じた一時滞在施設が準備されています。

係員の方

 

今回の訓練内容は昨年の11月18日に

実施した内容とほとんど変わりはありませんでした。

 

しかし,1度経験している訓練だったのでスムーズに移動することが出来たり,

以前よりも早く理解することが出来ました。

何度も訓練に参加することで,

災害時にも冷静な判断や行動ができ,

自分だけでなく身近な人の助けになることもできるのではないかと感じました。

今回も貴重な訓練に参加させて頂きありがとうございました。

 

Writer:シオノミサキ(Osaka/ https://www.instagram.com/salt____4_0/?hl=ja )

 

OTHER ARTICLES

TAG

TOPICS

Rain The Press

災害時や、雨の日、普段でも履着こなせる防災ブーツや、レインブーツのご紹介。

SNS

防災に関する情報をSNSでも発信しています。