• HOME
  • Learn
  • 津波の恐ろしさについて

津波の恐ろしさについて

2011年に発生した東日本大震災では

津波により甚大な被害が発生しました。

 

また、南海トラフ巨大地震では

最大34メートルの津波が発生すると想定されています。

 

そこで今回は、津波の危険性について

お話させて頂きます!

 

陸地付近の津波の速度は、

おおよそ時速36キロ程度だと

言われています。

車の速度だととても遅いイメージがありますよね💭

しかし、津波が陸地にこのスピードで近づいてきた場合、

無事に逃げることはほぼ不可能です、、、😱

世界最速のウサイン・ボルト選手でさえ

時速37.6キロです。

そのため、陸地に津波が接近していることを

目視で確認した時点で、

避難は実質不可能です。

 

また車での避難も危険です。

渋滞などに巻き込まれ、逃げ遅れる危険性がとても高まります。

 

そのため、沿岸部にいる時に

津波に関する警報が発令されたら

「すぐに徒歩で高台に避難する」

ことが重要です!

 

次に津波の高さですが、

1メートルの津波に巻き込まれてしまうと

死亡率は100%。

つまり確実に死亡してしまいます。

 

水の力は非常に強く、

目視では遅く見えても

実際には流れがとても激しい場合もあります。

 

また、津波の場合、

流木や建物の破片なども一緒に流れてくるため

これらに当たってしまい

ケガをしてしまう危険性もあります。

 

そのため、津波に巻き込まれることは

津波の高さに関わらず

とても危険です。

 

地震、そして津波はいつ発生するか

分かりません。

ハザードマップなどを確認し、

すぐに非難が出来るように

避難経路を確認しておくことが大切です✨

OTHER ARTICLES

TAG

TOPICS

Rain The Press

災害時や、雨の日、普段でも履着こなせる防災ブーツや、レインブーツのご紹介。

SNS

防災に関する情報をSNSでも発信しています。