• HOME
  • Learn
  • 兵庫県の災害対策センターにお話を伺いにいってきました

兵庫県の災害対策センターにお話を伺いにいってきました

今回私たちは兵庫県災害対策センターへお邪魔させて頂き、

お話を聞かせていただきました。

 

皆さんは今もしも災害が起こったら、どうしますか?

すぐに避難行動ができますか?

兵庫県では『多様な避難の手引き』というリーフレットを作り、

多くの人に避難行動の大切さを呼びかけています。

 

まずはハザードマップで自宅周りを確認すること。

ハザードマップとは、

危険な場所や災害時に避難する場所などが

地図にまとめられたものです。

災害時の避難先は、避難所・避難場所だけではありません。

自宅が安全なら在宅避難。

安全なところにある友人・親戚宅。

ホテル等も避難先になります。

 

私の場合、在宅避難になるのですが、

皆さんは在宅避難についてどのくらい知っているでしょうか?

在宅避難にもきちんと備えが必要です。

水や食料の準備はもちろんのこと、自宅周りの点検も重要。

今はホームセンターに防災コーナーというものがあり、

様々な防災グッズが売っているそうです。

家具の固定など、普段からできる備えは私もしておこうと思いました。

共有部分面積資料

 

そして避難所について。

現在、コロナによる影響で避難することを躊躇する人が

増加しているのが問題になっています。

そこで兵庫県では、

一昨年6月から市や町にコロナウイルス感染症に対応した

避難所運営ガイドラインを配っています。

対策としては、従来のスペース+1mのスペースをとること。

また、距離がどうしても取れない場合は

パーテーションやテントを利用して密にならない工夫をしています。

実際の写真も見せて頂きましたが、

しっかり対策されていてとても安心感を覚えました。

 

また兵庫県では『マイ避難カード』の作成も推奨しています。

避難時は、正確な判断ができません。

だからこそ事前に自分がどこに、どのタイミングで

避難行動を取るべきかしっかり確認しておくことが大切。

『マイ避難カード』に確認した自分の避難方法を記入しておくことで、

すぐに行動することが出来ます。

 

他にも兵庫県には『ひょうご防災ネット』というものもあります。

今の若者はあまりテレビを見なかったり

逆に中高年の方々はインターネットが分からなかったり…

情報の入手方法が多様化している今、

災害時にプッシュ通知で簡単に情報を得ることができ、

アプリを入れるだけで避難場所がわかるのはとても有難いし、便利ですね。

 

“自分は災害に遭わないだろうという

思い込みや他人事に捉えることをやめ、最悪を想定して動くこと。”

 

皆さんももう一度しっかり確認してみてください。

 

Writer:ニシカワアヤノ(Hyogo/ https://www.instagram.com/n_ayn615/?hl=ja  )

 

OTHER ARTICLES

TAG

TOPICS

Rain The Press

災害時や、雨の日、普段でも履着こなせる防災ブーツや、レインブーツのご紹介。

SNS

防災に関する情報をSNSでも発信しています。